処分(リサイクル)について

「分ければ資源、混ぜればごみ」出す人、集める人、リサイクルする人がみんなで協力して、環境を守りましょう。
収集作業

お客様のお店や会社から回収した廃棄物は、圧縮や破砕の工程を経て、固形燃料や繊維原料、プラスチック原料などに生まれ変わります。その際、不純物が混ざっていると、適切なリサイクルができなくなってしまいます。

大切な環境を守るために、適切なリサイクルができるよう、廃棄物を排出する皆様にも分別のご協力をお願いします。

収集運搬業者さまもご利用ください。

当社では、自社回収の廃棄物の他に、他社さまが回収した廃棄物も受入れ、
処分(リサイクル)しております。詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

料金

各種処分の料金は、こちらの表をご覧ください。

産業廃棄物処分価格表

廃棄物別のリサイクル

廃プラスチック・紙くず・木くず→RPF(固形燃料)へ

RPFプラント全景

RPFとは「Refuse Paper&Pastic Fuel」の略称です。RPFは再利用困難な廃プラスチックと紙くず・木屑から作られる固形燃料をいい、資源リサイクルに貢献する循環型エネルギーとして注目されています。
石炭などの化石燃料の代替燃料として使用され、地球温暖化の原因となっているC02の総排出量削減に効果があります。当社のRPF(固形燃料)プラントは、全国でも有数の規模で、東京都内では最大です。

RPFの原料について

原料の判別はお気軽にご相談下さい。
廃プラスチック類、紙くずの種類、禁忌品については別紙をご参考にして下さい。

RPFの製造工程
RPFの製造工程
RPF(固形燃料)の工程
RPFの製造工程

ペットボトル→繊維原料へ

ペットボトルリサイクルプラント

当社では、ペットボトルのキャップとラベルを最新の設備によって分離し、「完全フレーク化」を行い、その100%を国内化繊メーカーに販売しています。
このペットボトル化繊は世界一とも言われる加工技術を用い、再生品でありながらヴァージンと同等の汎用性があり、被服だけではなく様々な実用品として、実際に日常生活で手に取ることが可能な製品に生まれ変わります。
これは高度なCSRを掲げる排出事業者からの、確実で有効的なリサイクルの要望に十分対応可能なリサイクルシステムとして注目されています。

ペットボトルの原料について

原料の持込の相談はお気軽にご相談ください。
泥汚れ・薬品・ペンキの付着するものが多く含むものはご返却する場合があります。

ペットボトルの製造工程
ペットボトルの製造工程
ペットボトルのリサイクル工程
ペットボトルのリサイクル工程

発泡スチロール→プラスチック原料へ

発泡スチロール加工機全景

当社では、まだ発泡スチロールが廃棄物として捨てられていた頃から、環境問題を見据え、発泡スチロールのリサイクルに取り組んでいます。薬品を使わない安全でクリーンなシステムで生み出される製品は、高品質なプラスチック原料として国内外からの需要が多く、民間会社では関東屈指の規模を誇っています。

発泡スチロールのリサイクル工程
発泡スチロールのリサイクル工程

段ボール・古紙→紙・紙製品へ

大型フレス機

古紙の回収・利用の促進を図ることにより、生活環境の美化、紙類の安定的供給の確保、森林資源等の枯渇を防止、環境保全などを目的として積極的にリサイクルを推進しています。
古紙は種類別の選別・プレス加工されコンテナに積み込まれます。その後、主に製紙会社へ運ばれ、紙および紙製品に生まれ変わります。

段ボール・古紙のリサイクル工程
段ボール・古紙のリサイクル工程

缶・びん→鋼材原料・カレット原料へ

大型フレス機

缶やびんは、リサイクルの優等生です。選別、プレス、破砕などの工程を経て、鋼材原料やカレット原料となり、再び鉄製品やガラス製品として利用されます。

缶のリサイクル工程
缶のリサイクル工程
びんのリサイクル工程
びんのリサイクル工程

リサイクル工場の見学について

リサイクル工場の見学は、随時行っております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせページはこちら

メニュー