CSR

「全てはお客様と環境のために」

CSR(企業の社会的責任)報告書

当社は、事業系一般廃棄物及び産業廃棄物の処理について、中小企業でありながらも経済的・技術的な最大限の努力で、再資源化・ゼロエミッション化・省エネ化を推進しています。 廃棄物の安全・確実な処理こそ、お客様と環境のためになることを信条として、これからも邁進して参ります。

PETボトルリサイクルの新たな挑戦

国内向けAフレーク

当社では、全てのPETボトルを、専用機器による高純度化処理ラインを使用して「完全フレーク化」しております。
このフレークを国内で処理・加工する「手に取れるPETボトルリサイクル」を開始しました。

CSR(企業の社会的責任)報告書

LCA

LCA(ライフサイクルアセスメント)報告

廃棄物業界では、廃掃法等の制限により、車両の運行等が決して効率的とは言い難くなっています。また、取り扱う廃棄物も、一般廃棄物・産業廃棄物ともに効率的な廃棄やリサイクルが難しい状況です。
しかし当社では、可能な限りリサイクルを推進しています。社内全体のCO2総排出量とリサイクル品取扱量をもとに係数を算出し、リサイクル活動が環境負荷の低減にどの程度貢献できたのか、皆様にご報告いたします。
LCA(ライフサイクルアセスメント)グラフ
2016年度利根川産業Co2総排出量 1,070.66t
RPF取扱・製造量 1,814.30t
廃プラリサイクル量 19.05t
PETボトル取扱量 2,185.33t
段ボール取扱量 15,008.36t
その他古紙取扱量 91.72t
缶・ビン取扱量 352.50t
発泡取扱量 506.36t
総合計 19,977.62t
2015年度利根川産業Co2総排出量 1,061.81t
RPF取扱・製造量 1,871.47t
廃プラリサイクル量 40.40t
PETボトル取扱量 1,950.60t
段ボール取扱量 15,215.84t
その他古紙取扱量 109.14t
缶・ビン取扱量 246.15t
発泡取扱量 496.26t
総合計 19,929.86t
リサイクル品取扱量/Co2総排出量=弊社のLCA係数

メニュー